雨に濡れた情緒ある姿を表現
新色インク「オランダ坂レイニーグレー」



長崎市東山手にある「オランダ坂」をモチーフに作りました。



日本が鎖国していた江戸時代、長崎の出島では日本で唯一貿易が行われていました。
そこに住むオランダ人の影響で、開国後も多くの外国人が行き交ったことから、当時の外国人居留地にあった石畳でできた坂は「オランダさんが通る坂」と呼ばれていました。
今では長崎市東山手にある、主に活水学院下の坂、活水坂、誠孝院前の坂が「オランダ坂」と呼ばれています。

周辺には、旧フランス領事館や東山手洋風住宅群など今なお異国文化が色濃く残り、往時の雰囲気を今も味わうことが出来ます。

文字も、イラストも楽しみたい。雨に濡れたようなグリーングレー


石畳が続く、オランダ坂の味わい深い情景は、とりわけ雨がよく似合います。
雨粒に濡れる石畳に周囲の緑が映る様子を、柔らかなグリーングレーの色味で表現しました。

文字を書くのはもちろん、イラストやレタリングなどでも楽しんでいただけるインクが出来上がりました。

ペンとインクで、長崎らしい景色や風情を味わおう

ペンとインクで文字を書き、日々の考えや思いを記す「手書き」は、書くほどに頭も心もすっきりさせてくれます。

長崎の情景を映した「長崎美景」とともに、日々をより味わい深く過ごしていただければ、こんなにうれしいことはありません。
新しい長崎美景たちを、どうぞよろしくお願いいたします◎
≫同時発売 第6弾万年筆「軍艦島ヘリテイジサンセット」はこちら

【仕様】
・染料インク
・容量50ml

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





上品なグレーをベースに、上部には長崎美景のロゴとブランドコンセプトである「いつまでも守りたい、長崎の美しい景色を…」の言葉、そして側面には、長崎の美しい景色を彩る、晴、雨、雪、夜空の空模様を繊細な箔押しで表現しました。









四面を回転させることで、4つの空模様に合わせて表情を変える美景を楽しんでいただけます。
また、クリアなケースには、まるで大切なジュエリーのようにインクを収納することができます。
パッケージそのままに、長崎美景の世界観を楽しんでいただければ嬉しいです。

※色味はご覧のディスプレイによって、実物と多少異なる場合がございます。


長崎美景について、詳しくはこちらをご覧ください。




【免責事項】
在庫データは定期的に更新しておりますが、一部の商品につきましては実店舗と在庫を共有しておりますので、ご注文のタイミングによっては欠品・完売となりご用意が出来ない場合がございます。
ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

レビューはありません。

ブランド一覧から探す